スマートフォン版へ

【桜花賞】リバティハイツ好反応4F54秒2 北村友手応え「パワフルでした」

  • 2018年04月05日(木) 07時30分
 「桜花賞・G1」(8日、阪神)

 リバティハイツは4日、栗東坂路で単走追い。1本目を73秒4で体をほぐし、2本目へ。北村友を背に前半は折り合いに専念。最後に鞍上から合図が送られると瞬時に反応。弾むようなアクションで4F54秒2-12秒0をマークした。

 「もともとセンスのいい馬ですが、コントロールがしやすくて反応も良く、パワフルでした」。北村友は手綱から伝わってきた手応えの良さにうなずく。

 トライアルという位置付けながらも、近年は桜花賞へ直結することが少なかったフィリーズR。だが、昨年は2着馬のレーヌミノルが桜冠へと輝いた。もちろん今年の勝ち馬リバティハイツも侮れない存在だ。

 「さらに相手は強くなりますが、戦いがいがあります。でも、初めて見た時から馬体の作りは重賞級でしたし、背中の感触も良かった。血統的にも大きいところに連れて行かなくてはならない馬です」と高野師は強い決意をにじませた。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す