スマートフォン版へ

桜花賞2着のラッキーライラックは引き続き石橋脩騎手とのコンビでオークスへ

  • 2018年04月11日(水) 20時05分
 4月8日に阪神競馬場で行われた桜花賞(GI・芝1600m)で2着のラッキーライラック(牝3、栗東・松永幹夫厩舎)は、5月20日に東京競馬場で行われるオークス(GI・芝2400m)に、引き続き石橋脩騎手とのコンビで向かう。

 ラッキーライラックは、父オルフェーヴル母ライラックスアンドレース、その父Flower Alleyという血統。無傷4連勝で挑んだ桜花賞で連勝は途切れたが、依然最有力馬の1頭としてオークスに臨む。デビューからすべてのレースで石橋脩騎手が手綱をとっている。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す