スマートフォン版へ

【天皇賞】クリンチャー 折り合い面修正

  • 2018年04月12日(木) 06時15分
 「天皇賞(春)・G1」(29日、京都)

 1番人気に推された阪神大賞典3着からの巻き返しを期すクリンチャーが11日、栗東CWで6F86秒0-39秒8-12秒3を馬なりのままマークした。

 順調な調整過程をアピールし、「前走で課題に残った折り合い面をテーマに乗りやすいように修正してきました。うまくいっていますよ。在厩調整で強い追い切りは必要ない。でも、使いつつ良くなっている」と宮本師は胸を張った。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す