スマートフォン版へ

【天皇賞】サトノクロニクル鋭伸11秒6!コース変わりも不安なし

  • 2018年04月13日(金) 06時00分
 「天皇賞(春)・G1」(29日、京都)

 阪神大賞典2着のサトノクロニクルは12日、栗東CWで一杯に追われ、4馬身追走したクライムメジャー(4歳1600万下)に半馬身先着。6F83秒1-11秒6をマークした。

 兼武助手は「動きは非常に良かった。使った上積みはありそうです」と満足そう。「前走で距離にも対応してくれたし、直線平たんの京都はいいと思います」とコース変わりも不安視していなかった。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す