スマートフォン版へ

好メンバーが揃い混戦は必至/東京スプリントの見どころ

  • 2018年04月16日(月) 17時00分
 18(水)に大井競馬場で行われる東京スプリント。昨秋のJBCスプリントの勝ち馬ニシケンモノノフや同レース3着のブルドックボスなど好メンバーが揃った。斤量差もあり混戦は必至。主な出走予定馬は以下のとおり。

■4/18(水) 東京スプリント(4歳以上・JpnIII・大井ダ1200m)

 ニシケンモノノフ(牡7、栗東・庄野靖志厩舎)は昨秋のJBCスプリントの覇者。前々走は芝、前走はマイルの距離で結果を出せなかったが、得意のダート1200mなら話は違う。ここは58キロの斤量を背負わされるが、それでも押し切りが期待される。

 ブルドッグボス(牡6、浦和・小久保智厩舎)はマイルや1400mでも結果を出しているが、1200mがベストなのは確か。昨秋のJBCスプリントでは勝ち馬のニシケンモノノフとタイム差なしの3着。斤量差があるここなら逆転まで十分。

 スノードラゴン(牡10、美浦・高木登厩舎)は芝のGI馬だが、適性はダートの方が高い。昨秋のJBCスプリントでは7着と不発に終わったが、続くカペラSで2着に入っているように10歳でもまだまだやれそう。ここは上位争いに持ち込める可能性十分。

 ネロ(牡7、栗東・森秀行厩舎)は芝でJRA重賞2勝を挙げているが、昨秋のJBCスプリントで勝ち馬とタイム差なしの4着に入っているようにダート適性も高い。前走はGIで結果が出なかったが、このメンバー相手なら上位争いに持ち込めそうだ。

 その他、展開次第にはなるが末脚の破壊力十分なキタサンミカヅキ(牡8、船橋・佐藤賢二厩舎)、力を付けているウインオスカー(牡5、栗東・飯田雄三厩舎)やスピードがあるグレイスフルリープ(牡8、栗東・橋口慎介厩舎)なども好走圏内。

 発走は20時10分。

■調教追い切り動画


■陣営インタビュー





みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す