スマートフォン版へ

【日本ダービー2018予想】須田鷹雄が今年の戦国ダービーを徹底分析!

  • 2018年05月09日(水) 13時00分
 5月27日(日)に迫った日本ダービー。前哨戦が終わったこのタイミングで、ひと足早く本番の展望をお届けする。評論家陣に日替わりで登場いただく当企画の第1回目は須田鷹雄氏。「現時点」での勢力図を果たしてどう見るのか……!?

 今年の牡馬クラシックは、ダノンプレミアム皐月賞回避という衝撃から始まった。まずは、同馬がダービーでどれだけやれるのかというところが論点だろう。

 類似事例を探すとすれば96年のダンスインザダークだろうが、同馬はプリンシパルSに出走したうえでダービーに向かった。ぶっつけ本番になるダノンプレミアムはある意味、未知の領域に挑むことになる。個人的には、臨戦過程が不安なのに人気というのは好ましくないので、本命にはしない予定だ。

 一番強いといわれている馬が状態面で不安を抱えるのなら、本来は皐月賞に順調に出走した馬たちがチャンスということになる。しかし、皐月賞組についても評価は難しい。結果として、上位人気馬総崩れとなったからだ。

 また、皐月賞は前半59.2秒−後半61.6秒でありながら、1〜3着は道中5番手以内の馬。上位人気で4着以下だった差しタイプは、総合力として強いというよりもいわゆる「上がり勝負に強い」馬たちであるかもしれない。逆に、皐月賞上位馬も展開が変わればダービーで崩れる可能性を抱えているわけで、信用できる軸馬を見つけにくい。

 展開次第というのは、過去の「皐月賞上位人気馬総崩れ」からも想像できる。1〜3番人気がすべて馬券に絡めなかった皐月賞というと、97年(優勝馬サニーブライアン)と昨年(同アルアイン)。前者はもう一度サニーブライアンが逃げ切り、後者では皐月賞で流れや進路に恵まれなかった皐月賞5,6着馬がダービーで1,2着した。どちらかのパターンに人気が集まるなら、逆の側に賭けて見る手はある。

 ただ、いずれにしてもダービーの予想は皐月賞組を中心に行うべきだと考える。97年にしても17年にしても、ダービー1〜3着のうち勝ち馬を含む2頭は皐月賞組。ダノンプレミアムが割り込んできたとしても、皐月賞組総崩れは考えづらい。

 青葉賞京都新聞杯プリンシパルS はいずれもそれ以前に大敗歴のある馬が優勝。別路線組で脈があるとしたら3戦3勝のブラストワンピースで、これは皐月賞組だと人気で負けた差し馬勢と親和性が高いタイプだと思う。

 現状で考える勢力図は、展開を前提にして2通り。皐月賞と似たタイプのダービーになるなら「皐月賞上位馬→ダノンプレミアム皐月賞上位人気馬≒ブラストワンピース→その他別路線組」。一転して上がり勝負になれば「皐月賞上位人気馬→ダノンプレミアムブラストワンピース皐月賞上位馬→別路線組」。起こりうる可能性が高いのは後者で、配当がつくのは前者。あとは最終的なメンバーや枠順で結論を出していきたい。
---------
 現在、日本ダービーの特設ページを公開中!予想家3名による有力馬解説のほか、全員にウマい馬券で予想がみられるポイントを毎日プレゼント中!ポイントは27日までの中央・地方全てのレースに使えます。この機会にぜひご覧ください。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す