スマートフォン版へ

【ヴィクトリアM】リスグラシュー悲願G1奪取へ万全 矢作師「全て予定通り」

  • 2018年05月10日(木) 06時00分
 「ヴィクトリアマイル・G1」(13日、東京)

 悲願の初G1奪取に向け、万全の態勢を整えた。先週の栗東坂路で4F49秒9の猛タイムを叩き出したリスグラシュー。9日の坂路は軽めだったものの、持ったままでもしまいはビュンと切れて、エンパイアガール(4歳500万下)と余力十分に併入した。

 「指示通り乗ってくれましたし、全て予定通りです」と矢作師は胸を張る。全体は4F54秒4と目立つ数字ではないが、ラスト1Fは12秒2とさすがの脚力。「前回は少し余裕を持ってつくってあった。今回は体重もマイナスになると思う」と、上積みの大きさにも自信をのぞかせた。

 阪神JFで2着に終わり、牝馬三冠も2、5、2着。ただ、4歳初戦の東京新聞杯でひと皮むけた姿を披露した。「スパッと抜け出せなかったのが惜敗につながっていたが、きれいに馬群を割ってくれた。お尻というかトモが明らかに良くなっている」と師は成長ぶりに目を細める。

 前走の阪神牝馬Sは3着に敗退したものの、武豊は「思った以上に遅いレースになってしまった。それが響いて3着だったが、走り自体はすごく良かった」と高く評価する。続けて、「東京は結果が出ているし、千六も一番いい。この馬にとってはG1を勝つ一番チャンスがあるレース」と期待を寄せた。もう銀メダルはいらない。鋭脚発揮で初タイトルをもぎ取る。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す