スマートフォン版へ

【オークス】アーモンドアイ2冠へ加速 ルメール豪語「昨年よりも勝つ自信」

  • 2018年05月10日(木) 06時00分
 「オークス・G1」(20日、東京)

 桜花賞アーモンドアイは9日、ルメールを背に美浦Wで併せ馬。レッドアルカナ(5歳500万下)を4馬身追走して迎えた直線、瞬時の加速でアッという間に抜け出すと、1馬身先着を果たした。

 6F82秒6-38秒6-12秒3のタイムに、鞍上は「直線は自分から動いてくれました。すごくいい反応でしたね。息(遣い)とフットワークも問題ない。桜花賞時と同様の感じだね」と合格点を与えた。

 国枝師も「いい動きだった。落ち着きがあるのがいいよね」と満足げな表情。オークス連覇を狙うルメールは「昨年のソウルスターリング桜花賞で負けていたし、二四の距離が大丈夫なのか分からなかった。今回は桜花賞で“独り勝ち”ですからね。昨年よりも勝つ自信があります」とキッパリ。

 桜花賞で勢力図を塗り替えた怪物牝馬。2冠達成へ、展望は大きく開けている。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す