スマートフォン版へ

【京王杯SC】サトノアレス軽快走 蛯名手応えつかんだ「すごいいい脚を使う」

  • 2018年05月10日(木) 06時00分
 「京王杯SC・G2」(12日、東京)

 東京新聞杯2着のサトノアレスは9日、美浦Wで5F68秒8-39秒8-12秒8を馬なりで記録。内容自体は淡泊だったが、2週連続で騎乗した蛯名は納得の笑みを浮かべた。「ゴールを過ぎてから軽く仕掛けるイメージで乗った。落ち着いていて、いい感じだったね」と動きに満足する。見守った藤沢和師も「先週の段階で仕上がっているので、これで十分。いい動きだったよ」と順調ぶりを強調した。

 舞台は東京芝1400メートル戦。鞍上は「前走の競馬を見て思ったのが、すごくいい脚を使う。折り合いさえつけば切れそうだし、初の千四も大丈夫だよ」と高い評価を与え、手応えはつかんでいる。

 青葉賞(4月28日)をゴーフォザサミットで制覇。重賞の舞台で藤沢和厩舎と相性の良さを誇っているベテランが、巧みな手綱さばきで16年の2歳チャンピオンをVに導く。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す