スマートフォン版へ

【日本ダービー】ブラストワンピース 順調アピール 万全の態勢で大一番へ

  • 2018年05月11日(金) 08時00分
 「日本ダービー・G1」(27日、東京)

 デビューから無傷3連勝中のブラストワンピースは10日、美浦Wで単走追い。9日までの雨の影響で水分を含んだ重い馬場を、躍動感のあるフットワークで駆け抜けた。終始馬なりでタイムも5F69秒1-38秒8-13秒2と目立たないが、気配の良さと順調な調整ぶりをアピールするには十分の内容だった。

 3月の毎日杯を制した後は、皐月賞には目もくれずダービー一本に照準を絞った。リフレッシュ放牧先となった福島県のノーザンファーム天栄から、3日に美浦トレセンへ帰厩。「牧場では普通に乗っていたが、馬体重はまだプラス20キロくらいかな」と大竹師は慎重な口ぶり。ただ、完成するのは古馬になってからと見込んでいる晩成タイプだけに、そのあたりは織り込み済みだ。「良化の余地は十分にあると思う」とさらなる成長を期待している。

 毎日杯で2馬身差をつけたギベオンが、NHKマイルCでは首差2着と奮闘。ますますブラストワンピースの評価が上がりつつある。「結構燃えやすいタイプ。ダービーの雰囲気にのまれないように対策していきたい」と、万全の態勢で大一番へ臨むつもりだ。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す