スマートフォン版へ

【オークス】オールフォーラヴ 鋭伸11秒8 新コンビの和田「乗りやすい」

  • 2018年05月11日(金) 08時30分
 「オークス・G1」(20日、東京)

 忘れな草賞を制したオールフォーラヴは10日、新コンビの和田を背に栗東芝で単走。9日までの雨の影響が残る力のいる馬場だったが、ラストは軽く促すと、シャープな脚さばきで伸びて5F65秒3-36秒6-11秒8を刻んだ。

 母のレディアルバローザにも騎乗経験のある鞍上は「乗りやすい。真面目に走る感じ。お母さんによく似ているね」と好感触をつかんだ様子。「前走は結構仕上げていたみたいで、この中間は余裕を持たせた調整。馬自体はできているよ」と、ここまでの仕上がりに手応えは十分だ。「この距離でしぶとさを生かしたいね」と大舞台での好戦を誓った。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す