スマートフォン版へ

アーモンドアイが2冠制覇に挑む/オークスの見どころ

  • 2018年05月14日(月) 10時00分
 注目はやはり桜花賞アーモンドアイ。ここでも末脚を爆発させて2冠達成となるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■5/20(日) オークス(3歳・牝・GI・東京芝2400m)

 アーモンドアイ(牝3、美浦・国枝栄厩舎)は桜花賞をレースレコードでV。直線に入ったところではまだ後方2番手だったが、ケタ違いの脚を使って突き抜けてみせた。ロードカナロア産駒だけに今回は2400mという距離がどうかだが、母はエリザベス女王杯優勝・オークス2着のフサイチパンドラで、鞍上のC.ルメール騎手も「大丈夫」とコメントしている。牝馬クラシック2冠制覇なるか、注目したい。

 ラッキーライラック(牝3、栗東・松永幹夫厩舎)は桜花賞で2着。アーモンドアイに完敗という形で初黒星を喫したが、先行馬が崩れる流れで3番手から一旦は抜け出しており、断然人気の2歳女王としての力は見せた。距離延長のここでの逆転を期待したい。

 サトノワルキューレ(牝3、栗東・角居勝彦厩舎)はトライアルのフローラSを勝っての参戦。スタートで出遅れるも、直線最後方から全馬をごぼう抜きという強い内容だった。2走前には牡馬相手の2400m戦を制しており、距離延長は大歓迎。打倒2強の1番手はこの馬になりそうだ。

 その他、桜花賞3着のリリーノーブル(牝3、栗東・藤岡健一厩舎)、桜花賞5着のマウレア(牝3、美浦・手塚貴久厩舎)、忘れな草賞を勝ったオールフォーラヴ(牝3、栗東・中内田充正厩舎)、NHKマイルCを見送ってここを選んだ桜花賞4着馬トーセンブレス(牝3、美浦・加藤征弘厩舎)なども戴冠を狙う。発走は15時40分。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す