スマートフォン版へ

桜花賞組VSフローラS組、注目はあの馬/オークス展望

  • 2018年05月15日(火) 10時00分
 いくつかの前哨戦に有力馬が分散する牡馬に対して、牝馬の場合は、阪神JFからチューリップ賞桜花賞という阪神芝1600mでの3連戦に集中する傾向が強い。だが、近年はクイーンCきさらぎ賞など別路線組の存在感が増していて、今年はシンザン記念からの休み明けでアーモンドアイ桜花賞を制覇した。この別路線組の台頭は、桜花賞だけでなくオークスでも例外ではない。

1.桜花賞組VSフローラS

 過去10年の3着以内馬のうち、桜花賞が18頭、フローラSが9頭と両レースで大多数を占めている。さらにこの5年間に限定すると、桜花賞8頭、フローラS5頭と両者の数は拮抗する。出走頭数の違いを考慮するとほぼ互角の成績を残していると言える。

2.先行馬は恵まれにくい

 過去10年のオークスを先行して連対したのは2頭だけ。忘れな草賞フラワーCなどの前哨戦では先行馬に有利になることが多いが、東京のGIはさすがに甘くない。

3.小型馬が頑張れる

 過去10年の桜花賞勝ち馬の平均馬体重が469.0kgであるのに対して、オークスは454.7kgで、その差14.3kgと開きがある。2014年のヌーヴォレコルト(444kg)や2016年のシンハライト(422kg)が桜花賞から着順を上げて勝利を挙げたように、小型馬が大型馬と互角以上に戦えるレースである。


 サトノワルキューレフローラSの勝ち馬。距離は2000mでも短いというタイプで、牝馬には珍しいほど中長距離志向が高い。フローラSの勝ちタイムはレースレコードで、他に2分を切るタイムでフローラSを勝ったのはチェッキーノ(一昨年のオークス2着)しかいない。辛勝にも見えるが、相手に合わせて脚を使う馬であり、クビ差ながら最後は流していた。青葉賞で2着するエタリオウゆきやなぎ賞で負かしているように、この距離では牡馬も含めても上位にランクされる馬だ。この条件での優位は動かしがたい。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す