スマートフォン版へ

【オークス】トーセンブレス態勢万全 体の張りは前走以上!あとは距離だけ

  • 2018年05月16日(水) 06時00分
 「オークス・G1」(20日、東京)

 例年、桜花賞組が好成績を収める一戦。18年はど派手な末脚で1冠目を手にしたアーモンドアイと、2着に入った最優秀2歳牝馬のラッキーライラックによる2強ムードが漂う。ただ、ほかにも侮れない馬は多い。条件変わりで逆転を狙うのが3着リリーノーブル、4着トーセンブレス、5着マウレア桜花賞上位組。樫の女王の座へ、着々と逆転のシナリオを描いている。

 桜花賞ではアーモンドアイに次ぐメンバー2位の上がり(3F34秒2)で追い上げたトーセンブレス。結果は4着でも、陣営にとっては収穫の大きい一戦だった。浅利助手は「2戦目のアルテミスSで引っ掛かってから、柴田善騎手と話し合って“折り合い”をテーマに取り組んできました。それが実を結んだ感じ。桜花賞の折り合いは完璧でした」と胸を張る。前走後も在厩で調整。「カイバ食いが良くなり、(体の)張りは前走以上。あとは距離だけですね」と、12F戦の克服を鍵に挙げた。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す