スマートフォン版へ

テイエムジンソク、平安S追い切り速報/栗東トレセンニュース

  • 2018年05月16日(水) 12時20分
 前走フェブラリーSは2番人気の支持を受けながらも12着に惨敗となったテイエムジンソク(栗東・木原一良厩舎)。レース後はリフレッシュ放牧を挟んで、平安S(5月19日・京都ダート1900m)に向けて調整。今朝16日はレースに向けた最終追い切りを行っている。

 古川吉洋騎手が跨って、CWコースを単走。前半から行きたがる素振りは全くなく、リラックスしたフットワークで向正面のラップを刻んでいく。3コーナーから少しラップが速くなり、フットワークにもダイナミックさが出たが、ここでも行きたがる様子はない。

 徐々にラップを速めていき、最後が一番速くなるラップを踏んでフィニッシュ。時計は6F82.9〜5F66.2〜4F51.2〜3F37.3〜1F12.2秒。個人的には昨年末から今年にかけて好調だった時よりも力みが抜けて、走りに余裕があるように見える。良績を残す、コーナー4つの中距離ダートで反撃する態勢は整っている。

(取材・文:井内利彰)

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す