スマートフォン版へ

トーセンブレス柴田善臣騎手「かなりの能力を持っている」/オークス共同会見

  • 2018年05月16日(水) 19時00分
 阪神JF(GI)4着、フラワーC(GIII)2着、桜花賞(GI)4着と善戦が続くトーセンブレス(牝3・美浦・加藤征弘)。ウッドチップコースでの最終追い切り後、柴田善臣騎手(追い切りには騎乗せず)と加藤調教師の共同記者会見が行われた」

■柴田騎手

(騎乗した1週前追い切りの感触は?)
「良かったですね。前回桜花賞を使う前の状態よりは、先週の時点でアップしているような感じですね」

(それは成長の分も含めて?)
「息遣いもすごい良かったですし、精神状態もすごく大人びてきてドシッと構えていました」

(勝ったデビュー戦から手綱を取っているが?)
「(デビュー戦は)返し馬がちょっと怪しかったんですよね。できれば出遅れ気味で出てくれた方がレースをしやすいなというイメージで思っていて、その通り出遅れてゆっくりレースができました。あれが一緒に出てたらちょっとわからなかったですね」

(昨年は阪神JFで4着となって、春のクラシックへの期待も大きかった?)
「デビューする前の調教に乗った時に、これは結構な馬だという感触は掴んでいましたので、その時から大事にいきたいなという気持ちはありましたね」

(阪神JF4着、フラワーC2着、桜花賞4着という戦績については?)
「もう少し成長があるかなとは思っていたのですけど、(成長が)少し遅いみたいですね。精神面も体力面も、ここに来てだいぶ期待通りに追いついてきたなという感じですね。先はもっと良くなると思います」

(距離や相手関係など、オークスの見通しは?)
「距離は皆同じ条件で未知の領域ですから、やってみなければわからないと皆思っているでしょうし、状態の良さや現時点での成長具合で、同じくらいのレベルで良いレースができると思っています」

(スタンド前発走については?)
「心配は心配ですよね。ただスタンド前は中山でも1回経験していますし、ゲートもそんなに馬鹿なことをする馬ではないと思いますし、ここに来て精神状態も落ち着いてきて、ドシッと構えられるんじゃないかという気持ちではいます」

(関東にも関西にも強力なライバルがいるが?)
「前回負けましたし、何回か負けていますけど、この馬もかなりの能力を持っていて成長もしているのでね。その辺で追いついていけるのではないかと。また2400mという(ほとんど)皆やったことはない距離なので、その辺はちょっと楽しみですね」

(オークスでイメージしているレース運びは?)
「馬のリズムでしょうね。スタートからリズム良く落ち着いて走れれば、末脚は使える馬なので。落ち着いて臨ませてあげたいですね」

(背中から落ち着けよと促しながら?)
「まあ、邪魔にならないようにしていますよ(笑)」

(一発大逆転のレースを期待しています)
「僕も期待しています(笑)」

■加藤調教師

(今朝の追い切りについて)
「非常にリラックスして落ち着きもあって、良いストライドで走れていたと思います」

(単走だったが狙いは?)
「当該週なのであまり気持ちを乗せすぎないように、そこを主体に置いて調整しました」

(距離延長を意識した仕上げに?)
「この馬を管理させて頂いてからずっと、距離を延ばすか延ばさないかは別として、常に落ち着けるような調整を初戦からしてきたつもりです」

(落ち着きを保つのが難しい?)
「そうですね、この母系はずっとやらせて頂いていたのですが、競馬を使い込むとイラつくというか気持ちの方が乗り過ぎるような血統が入っているので、その辺は十分気をつけて管理してきたつもりです」

(前走の桜花賞について)
桜花賞阪神JFも思ったよりも枠が内めになって、他馬に囲まれる形になりましたので、直線出すのにちょっと手間取るというか時間がかかったレースだったなと思いましたね」

(もっと伸び伸び走れれば?)
「もう少し早めに外に出したいなとは思うのですけども、こればかりは枠順の並びの話なので、どうこういうことではないですが…」

(桜花賞から戻ってきてからの馬の様子は?)
フラワーCの1か月くらい前から在厩で調整をしているのですけど、置けば置くほど落ち着いてきたというか、短期放牧に出さないで在厩している方が落ち着く時間が長くなってきたような感じがします。この馬の場合は、入れ替えを激しくしない方が落ち着くタイプの馬なのかもしれません」

(かもしれないということは、まだわからない部分も?)
「そうですね、馬によって若干タイプが違うので、今のところこの馬はそういうようなタイプなのかもしれません」

(当日の馬体重はどのくらいに?)
「460キロを切らないくらいの体重で出走できるとは思っています。桜花賞から帰ってきてからも馬体の回復も早いですし、今回は非常に精神的にも落ち着いて、飼い葉食いも上がったりしないので、このまま安定した状態で競馬に行けると思います」

(東京は中山よりも輸送が少し長めになるが、そのあたりは?)
「阪神に2回輸送して、特に馬体重の変動もなかった馬なので、府中の輸送に関しては全く心配はしていません」

(2400m戦のオークスは伸び伸び走れる環境に持ち込みたい?)
「戦略的に少し工夫して、もう少しゆったり走れるような位置取りでとは考えています」

(中団のやや後方から末脚にかけるという競馬に?)
「そうですね、過去もそういう競馬をしていますけど、より一層囲まれたくはないですね」

(枠順の希望は?)
「あまり内めは好ましくないですが、内めを引いた時には最初の2ハロンくらいややゆったりと下げていくという戦法も取れますので、そのあたりは枠の並びが決まってから臨機応変に対応できると思います」

(もし道悪になったら?)
「初戦の中山ではかなりぬかるんだ馬場でしたが、坂をあれだけの勢いで上ってこれましたし、普段の調教でウッドチップコースがかなり重い時でも脚を取られるようなことのない馬なので、全く心配はしていません」

(輸送はいつ?)
「当日に行こうと思います」

(好レースを期待します)
「ありがとうございます。よろしくお願いします」

(取材・文:佐々木祥恵)

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す