スマートフォン版へ

【日本ダービー】キタノコマンドール力強く4F54秒2 池江師「動き良かった」

  • 2018年05月24日(木) 06時01分
 「日本ダービー・G1」(27日、東京)

 皐月賞5着のキタノコマンドールは23日、栗東坂路で最終追い切り。力強い踏み込みで駆け上がり、4F54秒2-39秒1-12秒3をマークした。

 池江師は「これがもっと攻めれたらなぁ。歩様は硬いし、コズミがちょっと…」と悩ましい表情を見せながらも、「動きは良かったよ」と及第点を与えた。「左回りもいいですし、直線が長いのもいい」と東京コースへの舞台変わりも歓迎だ。

 稍重だった皐月賞でも、上がり3Fは最速タイの34秒8と自慢の末脚を披露。しかし、「良馬場の方がいいですね。きょう、あす雨なので、どこまで乾くか。パンパンになってほしい」と好天での勝負を望んでいる。

 ビートたけしが命名したことで話題に。ただ、前走で世代上位の力は証明済み。もう決して話題性だけでの馬ではない。今年から優先出走権が皐月賞4着までから、5着までに変更され、出走がかなった大一番。運をも味方に付けた実力馬が、一気に世代の頂点を狙う。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す