スマートフォン版へ

日本ダービーダイジェスト/勝ちタイムは2分23秒6(良)

  • 2018年05月27日(日) 17時51分
2018年 日本ダービー(GI・東京芝2400m/天気:晴/馬場:良/18頭立て)

 1番ダノンプレミアムが好スタートを切ったが、12番エポカドーロが押してハナに立った。16番ジェネラーレウーノダノンプレミアム、3番テーオーエナジー、7番コズミックフォース辺りがエポカドーロに続いて最初のコーナーへ。

 1コーナーを回って、エポカドーロのリードは1馬身。2番手にジェネラーレウーノ、その内にダノンプレミアムがいる。1馬身差でコズミックフォース、直後にテーオーエナジーと17番ワグネリアン、この2頭の間に8番ブラストワンピースが続く。

 ブラストワンピースの後ろには6番ゴーフォザサミットと18番サンリヴァル。1馬身半差で2番タイムフライヤー、その外に10番ステイフーリッシュ、直後に9番オウケンムーン、さらに1馬身差で11番ジャンダルムが続く。1馬身差で13番グレイル、その内に14番エタリオウ、半馬身差の内に5番キタノコマンドール、外に15番ステルヴィオが続き、さらに3馬身離れた最後方が4番アドマイヤアルバとなった。

 1000mの通過タイムは60.8秒。エポカドーロは1馬身のリードを保ったまま3コーナーへ。ダノンプレミアムは4番手、その直後にブラストワンピースが上がってきて、ワグネリアンは外から人気2頭を見る位置にいる。

 直線に入り、エポカドーロが追い出しにかかる。コズミックフォースが2番手に上がって、その外からワグネリアンが迫ってきた。ダノンプレミアムエポカドーロコズミックフォースの間に入って追撃態勢に。ブラストワンピースダノンプレミアムに前に入られ、外のワグネリアンも壁になっているため、そのさらに外に持ち出すロス。

 残り300mからエポカドーロコズミックフォースダノンプレミアムワグネリアンの激しい追い比べになったが、徐々にダノンプレミアムはこの争いから遅れだしていく。ブラストワンピースもなかなか前に追いつけず、替わって外からエタリオウが脚を伸ばしてきた。最後はワグネリアンが粘りに粘るエポカドーロを交わしてゴール。皐月賞7着から巻き返し、2015年生まれのサラブレッド6955頭の頂点に立った。鞍上の福永祐一騎手は19度目の挑戦で悲願のダービー制覇。父・洋一氏が獲れなかったビックタイトルをついに手にした。

 エポカドーロは1/2馬身差で2着。さらにクビ差の3着は粘るコズミックフォースと、ゴール前で猛追を見せたエタリオウブラストワンピースの争いとなったが、コズミックフォースに軍配が上がった。ハナ差でエタリオウが4着、さらにハナ差でブラストワンピースが5着。ダノンプレミアムは6着、キタノコマンドールは12着だった。勝ちタイムは2分23秒6(良)。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す