スマートフォン版へ

フェルシュテルケンなど、新馬戦厩舎情報/美浦トレセンニュース

  • 2018年06月07日(木) 18時46分
 今週の東京は、土日で1鞍ずつ新馬戦が組まれている。美浦から出走する注目馬3頭について、関係者に話を聞いた。

■6月9日(土)東京5R 芝1400m

フェルシュテルケン(牡2・美浦・手塚貴久、父ダノンシャンティ母レインボークォーツ、母父Mr.Greeley)

手塚調教師
「今週(6/6)の追い切りは劣勢でしたが、併せた相手がオープンのシベリアンスパーブだったのと外を通った分もありますね。劣勢は問題ないですし、動きも良かったです。口向きに難しいところがありましたが、調教を重ねるごとにその点も良化しています。できれば良馬場でやりたいですね」


■6月10日(日)東京5R 芝1800m

イフユーワナ(牡2・美浦・田村康仁父アドマイヤムーン母ブロードチョイス、母父A.P.Indy)

田村調教師
「入厩して2か月、ゲート試験合格後も在厩で調整してきました。瞬発力タイプではないですが、ストライドが大きくて長く良い脚を使う馬です。攻め馬の時計も水準くらい出ていますし、動ける態勢は整っています」

シークレットラン(牡2・美浦・田村康仁、父ダンカーク母カールファターレ、母父キングカメハメハ)

田村調教師
「4月に牧場から入厩してゲート試験に合格後も、在厩でじっくり乗り込んできました。瞬発力というよりバテずにしっかり最後まで伸びるタイプです。いずれはダートも良さそうな感じもしますが、素質的に新馬なら芝でも期待が高いですね」

(取材・文:佐々木祥恵)

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す