スマートフォン版へ

横山典「俺たちは馬でメシ食っているからね」四位「やっぱり馬が好きだから…」そこはかとない馬への愛/トレセン発秘話

  • 2018年06月08日(金) 18時30分
 競馬記者になって初の美浦トレセン。取材対象は前夜から心に決めていた。天才ジョッキー・横山典弘だ。以前、当コラムで「言葉で表現しづらい独特の感覚」をお伝えしたが、今回も類いまれな感性を持つプロフェッショナルに密着した。

 南スタンドのベンチでコーヒーを飲んでいた横山典は未来のダービー馬を目指す2歳馬を眺めながら、こう口を開いた。

「新馬戦って幼稚園の運動会みたいなもの。だから決め付けちゃいけない。もちろん勝ちたいけど、もっと大切なものがある。最初から100%仕上げるなんて、野球で子供に変化球を投げさせるようなもの。肩ができてから変化球を投げればいい。それまでは楽しく野球をしないとね。馬も一緒だよ。まずは競馬を楽しんでくださいってイメージ。味付けで言えば最初は薄味、来るときが来たらバシッと仕上げた方がパンチが利くでしょ」

「心」を壊さないことも大切だという。

「骨折は治る場合もあるけど、心が壊れたら治らない。心と体のバランスが崩れると、稀勢の里や照ノ富士だってああなるからね」

 さらに「新馬は基本、オールマイティー」とのポリシーを持つ。「ミホノブルボンの新馬戦、知ってるか? そこに答えがあるよ」と。パワフルな逃げで後続を圧倒し、1992年の皐月賞ダービーを制した名馬のデビュー戦(中京芝1000メートル)は実は出遅れからの差し切り勝ちだった。

 横山典は可能な限り馬に乗る。どんな馬でも「乗りたい」という欲を消すことはない。かつてメジロブライトを担当した浅見キュウ舎の山吉助手はある時、横山典に「乗せてくれないか」と頼まれたという。当時、横山典はライバルセイウンスカイに乗っており、「クセが盗まれると思って断ったんや」と懐かしそうに笑った。このエピソードを当人に伝えると、記憶をたどりつつニヤリ。

「俺はどんな馬だろうと乗りたい。いい馬には何か共通点があるだろうし、乗れば必ずプラスになる。それがキッカケで依頼を受けるかもしれない。実際、(武)ユタカが乗っていたエアグルーヴにも乗れたからな(98年エリザベス女王杯3着→ジャパンC2着)」

 さらに昔話に花が咲き、あの「平成の怪物」にも話は及んだ。

ディープインパクトには乗りたかったさ。そういえば、ユタカが香港での騎乗停止で有馬記念に引っかかりそうになってね(最終的に2006年有馬記念後の騎乗停止扱いとなり、武豊がそのまま騎乗)。あの時はジョッキールームがザワついたよ。みんな“誰が乗るんだ”“とてもじゃないが乗れない”と騒いでいたけど、俺は内心、本気で乗りたいって思ってた(笑い)」

 勝利へ貪欲な横山典だが、一方で勝敗以上に大切なモノも併せ持つ。以前、後輩の四位洋文が口にした「競走馬としてダメでも、乗馬として最高の馬もいる」との言葉が心に染み渡ったという。

「あぁ、そうだよなって。馬にも第2の人生がある。速く走れなくても、おっとりして、人間を信用している馬は子供たちを乗せるには最適。だから“壊さないように、大事に”って四位は言ったんだ。やっぱり俺たちは馬でメシを食っているからね」

 胸を打たれた記者は、この話を四位に伝えるため栗東へ飛んだ。「そんなこと言ってたんだぁ」とほほ笑んだ四位は「ノリちゃんとは感性が合うし、いつもそういう話をしている。勝つだけじゃないって言ったらオシマイだけど、僕は絶対に馬に無理させない。やっぱり馬が好きだからね」。

 8歳から乗馬を始め、夏休みは毎日、馬にまたがった。かつて乗った競走馬の何頭かは、四位の出身「霧島高原乗馬クラブ」(鹿児島)で乗馬として余生を送っている。

 馬券の参考にはならないだろう。だが、横山典弘四位洋文というジョッキーの、そこはかとない馬への「愛」を感じてくれたら幸いである。

(童顔のオッサン野郎・江川佳孝)

東京スポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す