スマートフォン版へ

サマースプリント初戦、あの馬の巻き返しに注目/函館スプリントS展望

  • 2018年06月13日(水) 06時00分
 夏の北海道開催のスタートを告げる短距離重賞。サマースプリントシリーズの初戦にも位置づけられる。函館の狭いコースに多頭数がひしめくため、不利に泣く馬がしばしば現れるレースでもあり、1番人気は最近6連敗中。ロードカナロアストレイトガールコパノリチャードセイウンコウセイというGIクラスもここを勝ち切ることはできなかった。

1.開幕週のスピード勝負

 函館競馬場は洋芝コースなので、時計がかかるというイメージが強かったが、近年はそうでもない。最近は2年連続でコースレコードが更新されて、昨年は勝ちタイムが1分6秒台に突入した。ここに来てスピード優先の傾向が強まっている。

2.距離短縮が有利

 前走で1200mを使われていた馬が過去10年で勝率5.2%であるのに対して、前走で1400m以上を使われていた馬の勝率は10.7%で、ダブルスコアの好成績を収めている。

3.前走凡走馬が巻き返す

 そもそもスプリント戦は巻き返しが利きやすい条件ではあるが、このレースではそれが顕著だ。前走で10着以下に大敗した馬が過去10年で3勝していて、昨年のジューヌエコールも前走9着から巻き返して勝利を収めている。


 ワンスインナムーン京都牝馬Sで5着に敗れたが、差し馬有利の馬場だったことを思えば悲観すべき内容ではなかった。昨夏に連勝してスプリンターズSでも3着したように、暑くなるこれからの季節を得意にしている。函館は初めてになるが、持ち前のスピードを考えれば平坦で直線が短いコース形態がプラスに働く公算は大きい。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す