スマートフォン版へ

米三冠馬アメリカンファラオの全弟が愛初戦 オブライエン厩舎から出走

  • 2018年06月14日(木) 15時08分
 2015年の米三冠馬・アメリカンファラオの全弟で、現在通算2戦1勝のセントパトリックスデイ(牡3)が、米・B.バファート厩舎から愛・A.オブライエン厩舎に移籍しての現地デビュー戦を現地時間14日のレパーズタウン競馬場、バリーコラスS(G3・芝1400m)で迎える。鞍上はS.ヘファナン騎手で、圧倒的人気に推されている。

 セントパトリックスデイは父Pioneerof the Nile母Littleprincessemma、その父Yankee Gentlemanという血統。バファート厩舎在籍時の昨年9月、2戦目のデルマー競馬場で勝ち上がっている。

 なお、2レース後には現地で修行中の野中悠太郎騎手が騎乗予定。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す