スマートフォン版へ

クリンチャーは8・23出国 フォワ賞から凱旋門賞へ

  • 2018年06月16日(土) 06時30分
 凱旋門賞・仏G1(10月7日・パリロンシャン)に挑戦するクリンチャー(牡4歳、栗東・宮本)が8月23日に出国することが15日までに決まった。現地の滞在厩舎は10年ヴィクトワールピサ、13年キズナと同じパスカル・バリー厩舎。

 14日に鳥取県の大山ヒルズで様子を確認した宮本師は「前走(天皇賞・春3着)の疲れも取れて、いい感じにリラックスしていた。7月末か8月の頭ごろに栗東へ戻ってくる予定」と説明した。前哨戦のフォワ賞・仏G2(9月16日・パリロンシャン)から本番に向かう。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す