スマートフォン版へ

【ユニコーンS】ルヴァンスレーヴ 圧勝 ミルコが能力絶賛!ダートの怪物誕生か

  • 2018年06月18日(月) 09時00分
 「ユニコーンS・G3」(17日、東京)

 直線に向いたところで、もう勝負はついていた。向正面は中団やや後方だった1番人気ルヴァンスレーヴが、じわりとポジションアップ。先団を射程に入れ、坂下で右手前に変えると一瞬の脚で抜け出す。そのまま危なげなく独走し、3馬身半差のVだ。「スタートがあまり良くない馬だけど、二の脚でいいところにつけられたね。直線も馬なりで伸びた」。Mデムーロは手放しでパートナーの能力を絶賛した。

 重賞として創設された96年、勝ち馬シンコウウインディが翌年のフェブラリーSを制したのに始まり、近年もノンコノユメゴールドドリームといったG1馬を輩出した登竜門。この勝利により、出世が宿命づけられたと言ってもいいだろう。16年新潟記念アデイインザライフ)以来の重賞制覇を果たした萩原師は「これまでと大きな違いのない、いい勝ち方だったね」と満足げな表情を浮かべた。次戦はジャパンダートダービー(7月11日・大井)を予定。約1カ月後、カクテル光線きらめくトゥインクルレースで世代最強の称号に挑む。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す