スマートフォン版へ

【メイクデビュー福島レース後コメント】ハナブショウ石川裕紀人騎手、ホールドユアハンド津村明秀騎手ら

  • 2018年06月30日(土) 15時08分
福島5Rのメイクデビュー福島(芝1200m)は3番人気ハナブショウ(石川裕紀人騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒2(良)。1馬身半差の2着に4番人気ヘデラ、さらに2馬身半差の3着に5番人気ラブインブルームが入った。

ハナブショウは美浦・相沢郁厩舎の2歳牝馬で、父ヘニーヒューズ母イチノヤジョウ(母の父アジュディケーティング)。

〜レース後のコメント〜
1着 ハナブショウ(石川裕紀人騎手)
「鞍上が馬に乗ったり降りたりすると気にする敏感なところがあるので気をつけて乗りました。枠もあり、スピードを生かした競馬をしようと思っていてハナへ行きました。小柄な馬で調教次第で変わってきそうです。距離はこれぐらいが良さそうです」

2着 ヘデラ(嶋田純次騎手)
「終いジワジワ伸びていて初戦としては良い内容でした。これからが楽しみです」

4着 マイネルアプラウス(柴田大知騎手)
「良いものを持っていますが、まだまだ気持ちが入っていなくて行く気もあまりみせていませんでした。使っていく中で良くなっていきそうです」


福島6Rのメイクデビュー福島(ダート1150m)は4番人気ホールドユアハンド(津村明秀騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分09秒8(良)。4馬身差の2着に2番人気ニシノフルバンク、さらに3馬身差の3着に1番人気グリューネリヒトが入った。

ホールドユアハンドは美浦・田中博康厩舎の2歳牡馬で、父エスポワールシチー母ハートフルビコー(母の父ゼンノメイジン)。

〜レース後のコメント〜
1着 ホールドユアハンド(津村明秀騎手)
「返し馬から落ち着いていて、どっしりとして雰囲気も良かったです。物見をしませんし、ゲートも速くて完勝でした。調教師は函館2歳ステークスを使いたいと話していました」

3着 グリューネリヒト(大野拓弥騎手)
「練習の時よりはゲートをこなしてくれました。最後は大外を回っても伸びてきてくれて、初戦としてみどころあるレースでした。敏感な馬なので慣れていってくれたらと思います」

4着 マイネルナイペス(戸崎圭太騎手)
「上手に走れていましたが、フラフラするところがありました。使いつつ良くなりそうなタイプです」

5着 インターロード(丸田恭介騎手)
「スタートはまずまずで、良いポジションをとれました。そこから踏ん張ってくれて頑張っていました。競馬を覚えていけばさらに良くなりそうです」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す