スマートフォン版へ

落馬負傷の小牧騎手は肋骨骨折と外傷性肺気胸の診断

  • 2018年07月03日(火) 19時00分
 6月30日・中京6Rの最後の直線で落馬した小牧太騎手(騎乗馬リリアンローズは異状なし)は、肋骨骨折(5本7ヶ所)、外傷性肺気胸という診断となった。

 当日はさすがに話をするのも苦しい様子も、翌日曜日にはだいぶ回復し、昨日は3日ぶりに食事を摂れたとのこと。引き続き安静に努め、復帰については退院後の身体と相談しながら決めていく。

---

 コラム『太論』では小牧騎手の体調に合わせ、ご本人の声と経過をお伝えしていく予定です。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す