スマートフォン版へ

【中京新馬】カテドラルが好位から抜け出し快勝

  • 2018年07月08日(日) 12時32分
 8日、中京競馬場5Rで行われた新馬戦(2歳・芝2000m・10頭)は、好位でレースを進めた福永祐一騎手騎乗の4番人気カテドラル(牡2、栗東・池添学厩舎)が、直線で前を交わして抜け出し、2着の3番人気トーセンカンビーナ(牡2、栗東・中竹和也厩舎)に2.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分6秒1(重)。

 さらに1/2馬身差の3着に2番人気ブラヴァス(牡2、栗東・友道康夫厩舎)が入った。なお、1番人気ダノンチェイサー(牡2、栗東・池江泰寿厩舎)はブラヴァスから1.1/2馬身差の4着に終わった。

 勝ったカテドラルは、父ハーツクライ母アビラその父Rock of Gibraltarという血統。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す