スマートフォン版へ

【マリーンS】ユラノト完勝 いよいよ本格化…ルメール「重賞でも戦える」

  • 2018年07月09日(月) 06時00分
 「マリーンS」(8日、函館)

 ハイペースの4番手を進んだ1番人気のユラノト(牡4歳、栗東・松田)が完勝。07年ヴィクトリアマイルの覇者コイウタを母に持つ血統馬が、いよいよ本格化してきた。

 ルメールは「向正面からペースを上げてゴールまで頑張ってくれた。去年より良くなっているし、重賞でも戦える」と称賛。松田師は「馬の状態を見て、エルムS(8月12日・札幌)へ」と話したが、その後、レース中に鼻出血を発症していたことが分かり、8月8日までの出走制限処分となった。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す