スマートフォン版へ

【ジャパンダートダービーレース後コメント】ルヴァンスレーヴ M.デムーロ騎手ら

  • 2018年07月11日(水) 21時00分
大井競馬場(天候:晴、馬場:良)で行われたダートグレード競走の第20回ジャパンダートダービー(JpnI・ダート2000m)は、14頭によって争われ、後方3、4頭目からレースを進めた1番人気のルヴァンスレーヴ(JRA)が2分05秒8で制した。勝利騎手はM.デムーロ騎手。

道中は中団を進み、直線外から追い込んだ4番人気のオメガパフューム(JRA)が1馬身1/2差の2着、間を割って追い込んだ3番人気のグレートタイム(JRA)がクビ差で3着に続いた。
そこからクビ差の4着には大井のクリスタルシルバーが入り、地方最先着となった。2番人気のドンフォルティス(JRA)は6着に敗れた。

ルヴァンスレーヴは、父シンボリクリスエス母マエストラーレ(その父ネオユニヴァース)という血統の牡3歳の鹿毛馬。
JRA美浦・萩原清厩舎の所属。通算成績は6戦5勝。
重賞は全日本2歳優駿ユニコーンステークスに続いて、3勝目。

<レース後の関係者のコメント>
1着 ルヴァンスレーヴ(M.デムーロ騎手)
「素晴らしい馬です。初めて乗った時からビックリしましたが、どんどん成長しています。今日も最後まで、凄い脚を使ってくれました。何でも出来る馬で、後ろからでも、前からでも行けます。負けたくないという気持ちが強い馬ですが、まだ体も未完成な所がありますし、これからもっと成長すると思います」

(萩原清調教師)
「ホッとしました。良いパフォーマンスを見せてくれました。それほど危うさは感じないレースでしたが、200を切ってからは力が入りました。抜け出てきてほしい、という思いで見ていました。今後は様子を見て、オーナーと相談して決めたいと思います。もっと成長出来る馬だと思うので、ぜひ今後も応援を宜しくお願いします」

2着 オメガパフューム (川田将雅騎手)
「凄く良い内容で走ってくれましたし、直線も盛り返してくれました。勝った馬は着差以上に強かったです」

3着 グレートタイム (C.ルメール騎手)
「いい競馬ができました。4コーナーで砂を被った時に少し頭を上げましたが、直線もいい脚を使いました。距離も問題ありません。精一杯走ってくれましたが、勝った馬は強かったですね」

(取材:大関隼)

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す