スマートフォン版へ

大下調教助手、最終騎乗馬の池添学厩舎に恩返しを 17年に甲状腺がん手術

  • 2018年07月13日(金) 06時00分
 6月20日付で騎手を引退し、栗東・池添学厩舎で調教助手となった大下智さん(32)。転身して約1カ月弱、今の心境について語ってもらった。「(騎手を)辞める前から手伝わせてもらっていたので、ある程度流れはなじんできている。朝早く起きることだけが大変かな」と笑顔を見せるほど、仕事ぶりは順調な様子だ。

 17年、甲状腺がんのステージ4と診断され、同年末に手術。現役最後となった今年5月27日の京都2Rは、同厩舎が用意した馬(メイショウシンバ15着)にまたがった。師とは厩舎開業以来の付き合い。立場こそ変わったが、その関係性は少しも変わらない。「変わらず仲良くしていただいています。今は厩舎スタッフとして、成績が上がっていけるように貢献していきたい」と意欲を口にする。

 助手になってから、厩舎では3頭の新馬が勝ち上がった。「たまたまタイミングが合っただけ」と謙遜しつつも、「勝ってほしい思いはあるが、人馬ともにケガなくやっていければ。助手としては、まだまだ新米なので、これから頑張っていきたい」。騎手としての経験を武器に、新たな舞台での活躍を誓った。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す