スマートフォン版へ

レイデオロの弟ソルドラード、C.ルメール騎手で新潟デビュー/関東馬メイクデビュー情報

  • 2018年07月30日(月) 18時00分
 先週から始まった2回新潟開催、今週も引き続きメイクデビューが行われている。昨年は芝1400mでアーモンドアイ(桜花賞、オークス)、芝1800mでタイムフライヤー(ホープフルS)などがデビューしていた。

 今週はG1馬の弟妹が多数デビュー予定、早くも来年のクラシックが展望できるかもしれない。

◆ソルドラード(牡、父ロードカナロア、母ラドラーダ、美浦・藤沢和雄厩舎)

 2017年のダービーを制したレイデオロの異父弟。ゲート試験に合格後はノーザンファーム天栄でトレーニングを積み、7月4日に再入厩してからも順調に追い切りの本数を重ねてきた。先週は坂路で4F54.7-39.3-25.3-12.3をマーク。先導役の古馬を目標に置き、ラスト1Fを軽く伸ばした。

「暑い中でも順調に乗ってきた。きょうだいの中では気性が穏やかでコントロールも利くし、逞しくて立派な馬体をしている。1歳上のレイエンダ(現3戦3勝)もそうだけど、この一族は競走能力が高い。いいスピードがありそうだし、まずはマイルぐらいがいいんじゃないかな」と藤沢和雄調教師。8月4日、新潟の芝1600mをC.ルメール騎手で予定している。

◆ドナアトラエンテ(牝、父ディープインパクト、母ドナブリーニ、美浦・国枝栄厩舎)

 2012年の牝馬3冠(桜花賞、オークス、秋華賞)、12&13年のジャパンCを連覇、翌14年のドバイシーマクラシックに有馬記念と国内外でG1を7勝したジェンティルドンナの全妹。こちらも...

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す