スマートフォン版へ

一族に各国のG1馬、オルフェ産駒ヒシエトワールがデビュー/関東馬メイクデビュー情報

  • 2018年08月06日(月) 18時00分
 先週は当欄にも挙げたジェンティルドンナ全妹のドナアトラエンテがデビュー勝ち。その他にもジャスタウェイ産駒のヴェロックスが8馬身差V、サムシングジャストがソルドラードを破るなど、非常に見応えのある新馬戦が行われた。

 夏競馬も後半戦を迎えており、続々と注目馬がデビューを迎えようとしている。

◆サクラザチェンジ(牡、父ストーミングホーム、母ライサ、美浦・武藤善則厩舎)

 昨年の北海道サマーセールに上場され、取引価格は842万4000円。ビッグレッド&コスモ軍団の総帥・岡田繁幸氏がオーナーとして所有している。先週の追い切りでは3頭併せの真ん中に入れるなど順調に乗り込まれており、「操縦性がいいし、乗り手に従順。追ってからの反応もいい」と武藤善則調教師。8月11日、新潟の芝1800mを予定している。

◆ダイシンインディー(牡、父ゴールドアリュール、母キャッツ、美浦・戸田博文厩舎)

 祖母の異父弟にケンタッキーダービー馬のFusaichi Pegasusがいる。6月末から入念に追い切りの本数を積み、ひと追い毎に時計を詰めてきた。先週はデビュー戦3着のチェサピークベイを相手に優勢の手応えで先着しており...

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す