スマートフォン版へ

【海外競馬】フランスのルーラーシップ産駒ハッシュライター、豪州移籍しメルボルンC狙う

  • 2018年08月06日(月) 20時50分
 ルーラーシップ産駒として初めてフランスで勝利したハッシュライター(牡3、仏・F.グラファール厩舎)は、オーストラリアに移籍しゲイ・ウォーターハウス調教師と、共同名義のエイドリアン・ボット調教師の管理馬となる。今後は11月6日にフレミントン競馬場で行われるメルボルンC(G1・芝3200m)制覇を目指し、オーストラリアデビューは9月となる予定。既に現地検疫施設に入っており、輸入検疫後に厩舎へ移動となる。

 ハッシュライターは父ルーラーシップ母スターオブサファイアその父Tapitという血統で、日本でデビューした兄姉にはプリンセスタイムマイネルブランブルカラーラビアンコがいる。千代田牧場産。2015年セレクトセール当歳で2484万円で落札。

 今年5月にフランスのパリ・ロンシャン競馬場で行われた芝2000mの未勝利戦で勝ち上がり、6月18日にシャンティイ競馬場で行われたオカール賞(G2・芝2400m)では頭差+短頭差の3着に入った。通算成績は3戦2勝。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す