スマートフォン版へ

【海外競馬】豪G1コックスプレート、ネオリアリズム・トーセンバジル・ラングレーらが予備登録

  • 2018年08月07日(火) 20時30分
 10月27日にオーストラリアのムーニーバレー競馬場で行われるコックスプレート(G1・芝2040m)の予備登録が、7日に発表された。

 主な登録馬は、コックスプレート4連覇を狙う豪州最強馬ウィンクス、先月のキングジョージを制したポエッツワード、英2000ギニーを制したディープインパクト産駒サクソンウォリアーなど。

 日本馬の登録は、昨年のクイーンエリザベス2世Cを制したネオリアリズム1頭のみだった。

 日本から豪州に移籍した馬では、アドマイヤロブソンアンビシャスサトノラーゼンダノンリバティトーセンバジルが登録しているほか、6月28日に行われたサラブレッドオークションにて673万円で落札されたラングレーが、豪州のダレン・ウィアー厩舎の所属馬として登録。

 また日本産馬ではもう1頭、フランスから豪州に移籍したルーラーシップ産駒のハッシュライターも登録を行っている。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す