スマートフォン版へ

【2歳未勝利】(札幌1、2R) チェルシーライオン、トゥアレグが勝利

  • 2018年08月11日(土) 13時31分
札幌1Rの2歳未勝利(ダート1700m)は3番人気チェルシーライオン(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分46秒7(不良)。ハナ差の2着に1番人気モーンストルム、さらに5馬身差の3着に11番人気タイトロープウィンが入った。

チェルシーライオンは栗東・矢作芳人厩舎の2歳牡馬で、父Malibu Moon母Tashzara(母の父Intikhab)。通算成績は2戦1勝。

〜レース後のコメント〜
1着 チェルシーライオン(C.ルメール騎手)
「ダートのレースはこの馬に合っています。良いスタートは切れたのですが、物見をして逃げることができませんでした。道中はズブくて、最後に併せる形になってもまた物見をしていました。まだ子供っぽく、これから良くなる馬です」

2着 モーンストルム(黛弘人騎手)
「手応え良くレースができて、馬はよく頑張ってくれました。勝たせることができず申し訳ありません」

3着 タイトロープウィン(勝浦正樹騎手)
「ゲートの出が今ひとつでした。道中は怯むことなくしっかり走ってくれました。ダートも向いていると思います。課題はゲートだけでしょう」



札幌2Rの2歳未勝利(芝1800m)は2番人気トゥアレグ(丸山元気騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分52秒4(稍重)。2馬身差の2着に4番人気ブラックウォーリア、さらに半馬身差の3着に5番人気テングレートが入った。

トゥアレグは栗東・大久保龍志厩舎の2歳牡馬で、父エイシンフラッシュ母スウェアトウショウ(母の父ディープインパクト)。通算成績は3戦1勝。

〜レース後のコメント〜
1着 トゥアレグ(丸山元気騎手)
「3度目のレースでテンションが高く、身体の小さい馬ですからギリギリの感じでした。レースでは上手い運びで最後もしっかり伸びてくれました。力通りの結果だと思います」

3着 テングレート(柴山雄一騎手)
「前々の位置でレースをしました。まだ緩い所があって伸びきれない感じでしたが、力をつければもっと走ってくる馬だと思います」

6着 レークサイド(四位洋文騎手)
「2度目のレースで体も絞れて良い状態でした。力のありそうな感じですし、良い馬だと思います。ただ、今日も勝負どころで動けないところがありました。雨で渋った馬場が応えたところもあったかもしれません」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す