スマートフォン版へ

【凱旋門賞】復帰戦圧勝のエネイブルが再び1番人気に/海外競馬

  • 2018年09月10日(月) 18時30分
 8日にイギリスのケンプトン競馬場で行われたセプテンバーS(G3・AW2400m・4頭)に、昨年の欧州年度代表馬エネイブル(牝4、英・J.ゴスデン厩舎)が出走。昨年10月の凱旋門賞以来となる実戦だったが、キングジョージ6世&クイーンエリザベスS(G1・芝2400m)の2着馬クリスタルオーシャン(牡4、英・M.スタウト厩舎)を3.1/2馬身差突き放し圧巻の逃げ切り勝利。

 この結果を受けてブックメーカー各社は、10月7日にフランスのパリロンシャン競馬場で行われる今年の凱旋門賞の前売で、エネイブルを再び1番人気へと押し上げた。先月行われたヨークシャーオークス(G1・芝2400m)以降は、同レースを制しG1・2勝目を挙げたシーオブクラス(牝3、英・W.ハガス厩舎)を多くのブックメーカーが1番人気としていた。

 また、日本から参戦予定のクリンチャー(牡4、栗東・宮本博厩舎)は、概ね33倍ほどの伏兵評価に設定されている。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す