スマートフォン版へ

【ローズS】順当には決まらないレース、注目はあの馬/JRAレース展望

  • 2018年09月12日(水) 06時00分
 豪華メンバーが揃うことが多い一方で、ローズSは堅くは収まりにくいレースでもある。過去10年で5番人気以下の人気薄が4勝していて、2着も7回。牡馬に比べて浮き沈みが激しいのが牝馬戦線の特徴で、春の実績を鵜呑みにできない難しさがある。

1.鋭い上がりが要求される

 過去10年で差し・追い込みが7勝して2着8回。上がり3Fで見ると、勝った10頭中9頭までがメンバー中3位以内の数字をマークしている。昨年は1番人気のファンディーナが6着、桜花賞馬のレーヌミノルが9着。2015年にも桜花賞馬のレッツゴードンキが4着と、逃げ・先行で実績を残してきた馬は苦戦する傾向。

2.小柄な馬が狙い

 昨年8番人気で勝利したラビットランは444kgで、1番人気のファンディーナ(526kg)は6着、2番人気のモズカッチャン(482kg)は7着。一昨年は436kgのシンハライト(1番人気)と414kgのクロコスミア(11番人気)のワンツーで、504kgの2番人気ジュエラーは11着。2008年には412kgのマイネレーツェルが7番人気で1着と、大型馬の苦戦と軽量馬の激走が目立つ。

3.GI上位馬対上がり馬

 春のクラシックから直行した馬が主力になるレースで、前走がオークスだった馬が8勝して2着4回。ただし、前走オークス組の連対馬12頭のうち10頭はオークスで4着以内に好走していた。GIで一度壁に当たった馬が巻き返した例は少なく、それよりも条件戦を勝ってきた馬に妙味がある。


 トーセンブレス阪神JFで4着、桜花賞で4着。これまで全5走中3走でメンバー中1位の上がりタイムをマークしていて、桜花賞でもアーモンドアイに続く第2位の上がりだった。オークスは挫跖のため前日に出走を取り消したが、桜花賞オークスの上位3頭が不在のここは、決め手に優れるこの馬を最上位にとりたい。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す