スマートフォン版へ

【ローズS】トーセンブレス 着実に成長 加藤征師「馬が穏やかになりました」

  • 2018年09月13日(木) 06時00分
 「ローズS・G2」(16日、阪神)

 阪神JF桜花賞ともに4着と、世代上位の力を示してきたトーセンブレス。最終追い切りは12日、美浦Wを単走で行われ、上がり重点に5F69秒9-39秒8-13秒4。最後まで馬なりのままだったが、ウッドチップを勢い良く跳ね上げ、力強い動きで好調をアピールした。

 加藤征師は「先週しっかりやっているので、最後の100メートルだけ反応を確かめた。8月上旬に函館に入厩させてから順調に来ています」と抜かりない仕上がりを強調した。現時点で馬体重は458キロ。桜花賞出走時から2キロ増と、数字的に春と比べて大きな変化はない。それでも、精神面では「馬が穏やかになりましたね」とトレーナー。ひと夏を越し、内面は着実に成長を遂げたと評価する。

 決め手勝負の脚質を考慮し、先行馬に有利な開幕週中山の紫苑Sを避け、輸送に不安もないタイプであることからレースを選択。「G1で差のない競馬をしている。あとは枠かな。(阪神2戦は)包まれる感じだったから。まずはここでいい競馬をしてほしい」とスムーズな展開を希望する。

 オークスは直前に左前挫石を発症し、無念の取り消しだった。最後の1冠を前に、力をきっちりと見せつけたい。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す