スマートフォン版へ

JRA「美浦トレセン改善計画」の具体案を説明 新坂路は18メートル地下から

  • 2018年09月13日(木) 06時00分
 JRAが12日、今春の定例会見で発表した「美浦トレセン諸施設改善計画」の具体案、完成時期の見通しを説明した。

 410メートル延長され、全長2010メートルになるWコースは、来年9月からの運用開始を予定。今回の改善で目玉となる坂路は、4年後の2022年の完成を目指す。現在のスタート地点は18メートル近く掘り下げられているが、さらに15メートル下げられ、より大きな高低差がつくことになった。新南馬場は調教スタンドも改築され、完成後に北馬場は閉鎖される。

 総工事完了は8年後の2026年の見通し。関東調教師会の尾関本部長は「新施設は東の厩舎人が結集した成果。最高水準の施設で、しっかり結果を残したい」と決意を述べた。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す