スマートフォン版へ

【POG】ウオッカの2016がゲート試験合格!馬名はタニノミッションに決定

  • 2018年10月05日(金) 14時05分
 2007年日本ダービーなどGI・7勝の女傑・ウオッカが2016年に産んだ産駒(牝馬、栗東・中竹和也厩舎)の馬名が「タニノミッション」に決まった。

 そして、そのタニノミッションは4日朝に行われたゲート試験に挑み、無事合格した。

「一発合格でした。優等生ですね。ゲートの出も速かったですよ」(辻野助手)

 これまでのウオッカの産駒はSea The Starsを父に持つボラーレケースバイケースタニノアーバンシーFrankelを父に持つタニノフランケルがいたが、タニノミッションの父はInvincible Spiritだ。

「父親が変わったこともあり、これまでのウオッカの子供たちとはタイプが違いますね。馬体重は約470キロですし、気性も勝っています」

 今後は放牧に出ずにデビューに向けて調整を進めていく予定とのことだ。

(取材・文:花岡貴子)

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す