スマートフォン版へ

ダービー馬ワグネリアンの全弟、カントルが京都芝2000mでデビュー/関西馬メイクデビュー情報

  • 2018年10月09日(火) 18時01分
 秋のメイクデビュー京都。昨年の4回開催はエポカドーロ(栗東・藤原英昭厩舎)が3日目の芝1800m(3着)、カツジ(栗東・池添兼雄厩舎)が6日目の芝1600mでデビューし、3歳でG1ホース、重賞ホースになっている。

 今年の4回開催も毎週注目馬が出走を予定しているが、今週は「日本ダービー」を意識させてくれるような素質馬が出走を予定。来年も活躍馬が出る開催と記すことができるような結果を期待したい。

【10月13日(土) 京都芝1600m】

◆スパンキーワールド(牡、父ケープブランコ、母スプンキーウーマン、栗東・友道康夫厩舎)

 父は2015年シーズンから日本で供用されたので、今年が初年度産駒。先週の未勝利戦で産駒が初勝利だが、本馬の母系はオレハマッテルゼ、フラアンジェリコといったG1勝ち、重賞勝ちが出ている血統。加えて、2歳の勝ち上がり率が驚異的(9頭デビューして7頭勝ち上がり)な厩舎の勢いがある。
 
 もともとは阪神開催でのデビュー予定もあったが、いろいろあって予定をスライド。9月の時点できっちりと動けていたが、一旦調教を緩めての再始動となった。先週の追い切りを見ると、...

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す