スマートフォン版へ

【府中牝馬S】東京の牝馬重賞に好メンバーが集結/JRAレースの見どころ

  • 2018年10月09日(火) 10時00分
 秋華賞ディアドラオークスソウルスターリングヴィクトリアマイル覇者ジュールポレールなど好メンバーが集結。ハイレベルの一戦を制するのはどの馬か。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■10/13(土) 府中牝馬S(3歳上・牝・GII・東京芝1800m)

 ディアドラ(牝4、栗東・橋田満厩舎)は昨年の秋華賞馬。前走のクイーンSドバイターフ3着以来の休み明けだったが、大外から突き抜けて圧勝と、海外でも好走した力を見せつけた。この充実ぶりなら今回も勝ち負けは必至だろう。なお、このあとはエリザベス女王杯を使わず香港Cに向かう見込み。

 リスグラシュー(牝4、栗東・矢作芳人厩舎)は1番人気に支持されたヴィクトリアマイルでハナ差の2着。トップクラスの実力馬ながら、まだGIには手が届いていない。休み明けのここを勝って、悲願に向けて弾みをつけられるか。なお、鞍上はJ.モレイラ騎手の予定だったが、同騎手が騎乗停止になったため、M.デムーロ騎手とコンビを組む。

 その他、ヴィクトリアマイルの覇者ジュールポレール(牝5、栗東・西園正都厩舎)、昨年のオークスソウルスターリング(牝4、美浦・藤沢和雄厩舎)、重賞3勝のミスパンテール(牝4、栗東・昆貢厩舎)、昨年の覇者クロコスミア(牝5、栗東・西浦勝一厩舎)も上位争いの圏内。発走は15時45分。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す