スマートフォン版へ

【JRA】ラッキーライラック松永幹師「舞台は最高。スタートを決めて欲しい」/秋華賞共同会見

  • 2018年10月10日(水) 12時50分
ラッキーライラックを管理する松永幹夫調教師

――春のクラシック二戦は悔しい思いをされたのではないでしょうか?
松永 馬自体はね、調子が良かったと思うんですけど。勝ち馬や上位馬は強かったですね。

――オークスでは盛り返す根性を見せていました。
松永 うーん、もうちょっとやれると思ったんですけどね。多少、馬を気にするところがあったかな、とあのレースに関しては思います。

――春の雪辱を果たしたいですか?
松永 もちろん、なんとか逆転したいなと思っております。

――春シーズンが終わった段階での秋に向けてのプランは?
松永 特にはないんですけどね。秋華賞という京都の内回りで逆転したいな、と思いましたね。

――放牧明けの印象は?
松永 すごくね、大きくなって戻ってきましたんで。いい夏を送れたんじゃないかな、と思っています。

――大きくなった?
松永 牧場にいる時から見ていたんですけど、その時点でかなり全体的にボリュームアップしていたんで。いい状態で(栗東に)戻ってくるだろうな、とは思っていました。

――第一印象は「よし!」という感じですか?
松永 そういう感じですね。

――ローズSは回避し、秋華賞へ直行となったあたりは?
松永 牧場で見ていた時もそうだったんですけど、言われてみればちょっと(脚元に)違和感あるかな、という程度で。大事をとってね、使わなかったんですけど。入厩してからもそういう問題は一切ないです。

――1週前追い切りは凄い動きでしたね。
松永 いつもどおりしっかりやろうということで、やりました。本当にいい動きをしてくれましたね。見ていても“この馬は違うな”と思いましたし、本当に成長を感じましたね。

――パワーは春とは違いますか?
松永 そうですね。乗っている人間(丸内助手)は「さらに成長していますよ」と言っていますので、これは違うのではないかと思っています。

――そして、今朝は最終追い切りが行われました。今日のテーマは?
松永 今日は先週しっかりやっているので「手ごたえを感じながら目一杯ではなくて強め程度でいいぞ」と(追い切りに騎乗した丸内助手に)言ったんですけど。相変わらず、いい動きでしたね。

――前の馬を軽く抜き去っていきましたよね。
松永 はい。騎乗した人間(丸内助手)的には「まだ余裕はありますよ」と言っていたので。理想的な調教ができたのではないかと思います。

――この1週間での変化は?
松永 先週の時点で“いいな”と思っていました。今週はあれでも調整程度。さらに良くなっているのではないかと思います。

――今朝の最終追い切りで松永先生が一番感心したのはどのあたりですか?
松永 やはり取りつくのがすごく速い馬なのでね、それを実戦で出して欲しいなと思いますね。

――その実戦ですが、二冠馬アーモンドアイも出走してきます。相当意識されてるのではないですか?
松永 あまり意識していないですね。自分の競馬に徹して欲しいな、と思いますね。いずれにしても前目で競馬をすると思うので、あまりこう…、集中して走って欲しいですね。

――京都の内回り2000mという舞台については?
松永 最高だと思いますね。やはり前にいく馬が有利なのでスタートを決めて欲しいね。

――枠順も相当大きなウェートを占めてきますかね?
松永 スタートもいい馬なので、あまり大外でなければいいと思います。

――先ほど“逆転”という言葉が出ましたが、それに向けて必要なのは?
松永 やはり立ち回りですね。いい位置は絶対にとって欲しいですね。後ろからではさすがに厳しいと思うので。スタートは決めて欲しいです。

――今まで、そのあたり(スタートを決める)は難なく出来ていた馬ですよね?
松永 ええ、もともとスタートはいい馬なのでね。

――今回は新しいパートナー(北村友一騎手)を迎えることになりますが、作戦は?
松永 まだ話していません。金曜日に乗ってもらおうと思っています。まぁ、乗ったらわかると思います。

――レースへの指示は?
松永 まだしていないです。まぁ、あれこれ言っても。そこらへんはあれだけ勝っているジョッキーなので任せます。

――秋華賞松永幹夫さんとしては騎手としても調教師としても勝っているレースです。勝ち慣れていると言っていいですか?
松永 そんなことはないですよ。そうですね、思い出のあるレースには間違いないですね。またそれを勝てるようであれば最高ですね。

――最後に抱負をお願いします。
松永 非常にいい状態でむかえることができると思うので、力を出し切って、最後の三冠目、なんとか勝てるように頑張っていきたいと思います。

(取材・文:花岡貴子)

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す