スマートフォン版へ

【JRA】プリモシーン北村宏騎手「すごく良い状態でレースに臨めそう」/秋華賞共同会見

  • 2018年10月10日(水) 17時31分
 プリモシーン(牝3・美浦・木村哲也)に騎乗する北村宏司騎手と管理する木村哲也調教師の共同記者会見が行われた。

■北村騎手

(今朝の追い切りの感触は?)
「久々に跨りましたが、ここまでの過程や状況を聞いていましたので、楽しみに乗りました。率直に良い状態で臨めそうだなと思いました」

(追い切りを終えて、陣営とは何か会話をした?)
「追い切りを一緒にした調教助手さんに、追い切りから戻ってくる途中にどんな感触だったかを伝えました。先生とは馬から降りた後に追い切りの内容について、お互いの意見を擦り合わせたところです」

(優勝した前走の関屋記念を振り返って)
「良い条件で依頼をして頂きました。馬のコンディションもすごく良かったので、結果を出せて良かったです」

(追い切りに跨って、関屋記念時と変わった点は?)
「夏と比べると体幹がしっかりして、パワーアップしていました」

(距離延長の今回に向けて、前走では手応えをつかめた?)
「落ち着いていましたので、うまく対応してくれるのではないかと思っています」

(京都の内回り2000mのコースについては?)
「うまくスタートをして、流れに乗せたいですね」

(この馬のどういった面を引き出したい?)
「競馬が上手な馬なので、リズム良く運んで終いの脚を生かしたいと思います」

(最後の1冠にこの馬と臨む心境は?)
「今日追い切りに乗ってみて、とても楽しみにレースに向かえるという感触を持っています」

(最後に秋華賞に挑む抱負を)
「すごく良い状態でレースに臨めそうです。このままの感じで当日競馬を迎えたいですし、力を出せるよう頑張って乗りたいと思います」


■木村調教師

(直線で2着馬に迫られても抜かせなかった関屋記念を振り返って)
「北村さん、さすがだなと思って見ていましたし、(ゴール前では)頑張ってくれと思って見ていました」

(馬体重が増えての出走だったが、それには狙いがあった?)
「厩舎に戻ってきた時には馬体重が増えていましたので、別に狙っていたわけではありません」

(ステップレースを使わず秋華賞に向かうが?)
「夏しっかり頑張ってもらったので、またもう1回頑張ってGIに向かうのはちょっと可哀想かなと思いました」

(関屋記念後は?)
「ノーザンファーム天栄に移動してしっかり休みを取って、4週間前に厩舎に移動してきてここに至っています」

(牧場から戻ってきた時の印象は?)
「健康そうだなと思いました」

(先週はウッドチップコースで単走での追い切りだったが?)
「基本的にはいつも通りという感じでしょうか。プリモシーンの先週の時点での課題があって、それができるかできないかの確認をしました」

(具体的にその課題とは?)
「普通に道中、自分のリズムで良いフットワークで走ってくれて、直線に向いても真っすぐ走ってくれるのではないかと期待して見ていて、それに応えてくれたのではないかなと思います」

(今日の追い切りの狙いは?)
「北村さんに状態を把握してもらいたかったのと、北村さんに馬は大丈夫ですよということを確認してもらいたいということでした」

(今日の動きは?)
「今日だけではなく、普段の傾向、調教や厩の中など、春にはなかなか点数取れなかったところが最近は点数が取れてきたという、そういう意味では良い方向にいっているのではないかと思います」

(今回初めて挑む2000mについては?)
「今までと違って、ある程度器用に立ち回らないと、なかなか競走に参加するのは厳しいなと思います」

(春のGIではもう少しのところで結果が出なかったが、改めて秋のGIに臨む心境は?)
「馬には1番申し訳ないことをしましたし、騎手にも迷惑をかけました。何より応援してくださっている皆さんを本当にガッカリさせる結果だったのですけど、馬は少しずつ成長してくれて、いろいろなシチュエーションもタフにこなしてくれるような成長を見せてくれているので、少しでも形になればなと思っていますけどね。

 それは別にGIだということではないのですが、目の前のレースで少しでも形になって見ている人が喜んでくれればと思っています。あとは北村さんと相談しながらやっていきたいですね」

(取材・文:佐々木祥恵)

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す