スマートフォン版へ

【地方競馬】森且行が元SMAPに言及「最近はチェックしてくれていないと思う」 大井競馬場でトークショー

  • 2018年10月11日(木) 20時06分
 「レディスプレリュード・Jpn2」(11日、大井)

 オートレーサーの森且行(44)=川口・25期=が大井競馬場の場内イベントに登場。詰めかけたファンの前でトークショー&予想会を開催した。

 濃紺のスーツ姿で登場した森は、JRA所属馬も出走する牝馬ダート重賞のゲートインを目前にして、「昨年も本命予想だったし、今年はアンジュデジールに勝ってほしい。(表彰式プレゼンターとして)横山典弘騎手に会ってみたいから」と笑顔で予想を披露した。

 普段から「ギャンブルとお酒が大好き」と公言する森は「4月ぐらいに大井で3連単60万円台の馬券を当てたんですよ。最近も浦和で17万円。ほら、TUBEの前田亘輝さんの馬が勝った重賞です」と馬券が絶好調。「今年はもう負けなし」と勝ち誇った。

 一方で、オートレースは「本業は絶不調」とぼやく。「今年は4回、転んでいる。骨折は治ったけど、まだ体のスジが痛い。(右手の)小指は曲がったままになっちゃった」と落車続きの苦労を明かした。

 また、昨年11月にAbema(アベマ)TVの72時間ホンネテレビで、元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が浜松オートまで駆けつけてくれたときのことを振り返った。「とにかく、いつも以上に緊張してしまって、スタートの時計の針が見えなかったぐらい」と明かし、「あの3人は、あまりレース自体には興味がないみたい。最近は成績も悪すぎるので、レースもチェックしてくれていないと思う」と集まったファンを笑わせた。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す