スマートフォン版へ

ディープインパクト、今季限りで引退

  • 2006年10月11日(水) 12時45分
 11日、05年クラシック三冠を達成し、1日の凱旋門賞(仏G1)で3着に健闘したディープインパクト(牡4、栗東・池江泰郎厩舎)について、オーナーの金子真人氏が池江泰郎調教師を通じて年内限りで引退させる意向を明らかにした。引退後は51億円(8500万円×60口)でシンジケートが組まれ、北海道・安平町早来の社台スタリオンステーションで繋養される予定。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す