スマートフォン版へ

兵庫の木村健騎手、JRA初勝利&騎乗停止

  • 2007年03月10日(土) 16時20分
 10日、阪神競馬場で行われた12R・吹田特別(1000万下、ダート1800m)で、9番人気(単勝33.9倍)マイネルトラヴェル(牡4、栗東・柴田光陽厩舎)が優勝。同馬に騎乗していた兵庫所属の木村健騎手(31、兵庫・西川精治厩舎)は、JRA初勝利を挙げた。

 木村健(きむら たけし)騎手は75年8月16日生まれ、和歌山県出身。93年にデビューし、これまでに重賞は06年園田金盃(タガノインディー)などに勝利。昨年は231勝を挙げ、兵庫のリーディングジョッキー賞に輝いている。地方通算11234戦1192勝、JRAでは00年に初騎乗以来、通算31戦目だった。

 また、同騎手は阪神4Rで8位に入線したスロクスザンナ号に騎乗。最後の直線走路で外側に斜行し、アグネストカチ(秋山真一郎騎手)の走行を妨害したため、11着に降着となった。これにより、3月17日(土)から4月1日(日)まで開催日6日間の騎乗停止となった。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す