スマートフォン版へ

ドリームパスポートが骨折

  • 2007年04月07日(土) 13時00分
 JRAは7日、天皇賞・春(GI)の有力馬と見られていたドリームパスポート(牡4、栗東・松田博資厩舎)が、右第3中手骨を骨折したことを発表した。全治などについては不明。

 ドリームパスポートは、父フジキセキ母グレースランド(その父トニービン)という血統。伯父に01年香港ヴァーズ(香G1)を制したステイゴールドがいる。

 05年9月に小倉でデビューし、昨年のきさらぎ賞(GIII)で重賞初勝利を飾ると、皐月賞(GI)2着、日本ダービー(GI)3着と春のクラシックで健闘。日本ダービー後に骨折があったものの、秋は神戸新聞杯(GII)に勝ち、菊花賞(GI)2着、ジャパンC(GI)2着と、クラシックのみならず、古馬戦線に入っても好走を続けた。今年は3月18日の阪神大賞典(GII)で始動し2着に敗れた後、29日に行われる天皇賞・春に向け調整が行われていた。通算成績14戦3勝(重賞2勝)。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す