[中央]ニュース

日本ダービー・アラカルト

[中央] 2007年05月27日(日)15時45分

注目数:0人
コメント数:0件

四位洋文騎手
 11回目の騎乗にして日本ダービー初制覇。05年シックスセンス、06年ドリームパスポートと、ここ2年連続3着だった。JRA・GIはウオッカで制した昨年の阪神ジュベナイルフィリーズ以来の通算9勝目。クラシックレースは96年皐月賞(イシノサンデー)以来の2勝目。JRA重賞はウオッカで制した今年のチューリップ賞(GIII)に続く今年3勝目、通算50勝目。

角居勝彦調教師
 日本ダービーは初出走初制覇。JRA・GIはウオッカで制した昨年の阪神ジュベナイルフィリーズ以来の通算7勝目。クラシックレースは04年菊花賞(デルタブルース)、05年オークス(シーザリオ)に続く3勝目。JRA重賞はウオッカで制した今年のチューリップ賞(GIII)に続く今年4勝目、通算19勝目。

●牝馬の優勝
 37年のヒサトモ、43年のクリフジに続く史上3頭目、64年ぶりの快挙。出走も96年のビワハイジ(13着)以来11年ぶりだった。

●史上初の父娘制覇
 ウオッカ父タニノギムレットは02年の日本ダービー馬。父娘制覇は史上初。父仔制覇はカブトヤマ(33年)&マツミドリ(47年)、ミナミホマレ(42年)&ゴールデンウエーブ(54年)、ミナミホマレ(42年)&ダイゴホマレ(58年)、シンボリルドルフ(84年)&トウカイテイオー(91年)に続き5組目。

●父内国産馬の勝利
 91年トウカイテイオー(父シンボリルドルフ)以来16年ぶり。

●馬主・谷水雄三氏
 ウオッカの父であるタニノギムレットで制した02年以来の日本ダービー2勝目。同氏の父・谷水信夫氏は68年タニノハローモア、70年タニノムーティエ日本ダービーを2勝している。

●生産者・カントリー牧場
 68年タニノハローモア、70年タニノムーティエ、02年タニノギムレットに続く日本ダービー4勝目。

●勝ちタイム
 2分24秒5(良)は、04年キングカメハメハ、05年ディープインパクトの2分23秒3(いずれも良)に次ぐ3番目の好タイム。2分25秒を切る勝ちタイムも上記に次ぐ3回目。

●1番人気馬
 フサイチホウオーが7着に敗れ、01年ジャングルポケットから06年メイショウサムソンまで6年続いていた1番人気の優勝がストップした。1番人気馬が連対を外したのは97年3着のメジロブライト(勝ち馬サニーブライアン)以来10年ぶり。

●関西馬の優勝
 98年スペシャルウィークから10年連続。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント

このニュースへのコメント

コメントを投稿する

まだコメントの投稿はありません。あなたの投稿をお待ちしております。