スマートフォン版へ

骨折明けカネヒキリはプロキオンSから始動

  • 2010年05月27日(木) 12時00分
 昨年のかしわ記念のあと左第3指骨を骨折していたカネヒキリプロキオンS(7月11日・阪神)へ。帝王賞をにらんでいたが、過去1年間に出走経験のない馬が出走できないという規定があるため、断念した。「宝塚記念に使うなど、いろんな裏技もあったのですが、プロキオンSへ」と角居師。

 オークスで同着Vのアパパネは夏場は放牧に出されず、厩舎で調整されることになった。「北海道の競馬場に入る可能性はあるが、放牧には出さない予定」と国枝師。ローズS(9月19日・阪神)から始動して、秋華賞(10月17日・京都)で3冠を目指すが、秋も栗東に入厩して戴冠を狙う予定。一方のサンテミリオンはすでに美浦分場へ移動。夏場北海道の社台ファームで過ごし、ひと叩きして秋華賞へ。

 ドバイ・ゴールデンシャヒーン4着後は放牧中のローレルゲレイロキーンランドC(8月29日・札幌)を予定。「キーンランドCからスプリンターズS(10月3日・中山)。そして、香港スプリント(12月12日・シャティン、芝1200m)へ」と昆師。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す